スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベートーヴェン ハンマークラヴィーアソナタの管弦楽編曲

 昨日に引き続いての話題です。ベートーヴェンのピアノソナタを管弦楽用に編曲した例として、第29番「ハンマークラヴィア」をオケ用に編曲した演奏がある、というお話です。

 編曲者はフェリックス・ワインガルトナー。フルトヴェングラーよりも古い指揮者です。ベートーヴェン解釈の権威ともいわれた人で、SP録音での交響曲全集も残しています。

 感想としてはやや複雑です。ピアノの原曲とはだいぶ雰囲気が違って聴こえます。鍵盤楽器らしい躍動感がだいぶ後退してしまいます。ピアノのパートを弦楽器に渡してしまうと、どうしてもレガート奏法が主体になってしまうからだと思います。

 でも、ところどころでは、なるほどと思わせるようなベートーヴェンらしい響きが現れます。また弦楽器と管楽器の使い分けをどうするかなども、興味深く感じられます。ワインガルトナーがベートーヴェンの管弦楽法をどのように理解していたかを垣間見れる、という意味では貴重な録音だと思います。一番残念なのが、録音技術が貧弱なことです。昔のことですのでいたし方ないのですが。

 比較になるかどうかはわかりませんが、ブラームスではピアノ四重奏曲第1番のオケ編曲版がしばしば演奏会でも取り上げられていて、CDも沢山でています。このハンマークラヴィーアも一つくらい現代の録音があってもよいのでは、と思いますが、まだ出会えていません。

全集の中に入っています 単発でも出ています   原曲の重厚な演奏
   
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。