スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アコーディオンの魅力 クラシック・バスカーズ

 クラシックバスカーズとはフルートまたはリコーダーを持ち替える演奏者、マイケル・コプレイと、アコーディオン奏者1名で編成される演奏団体です。

 演奏する曲目はクラシックの名曲のパロディです。一つの演奏会で20~30曲くらい。ですから1曲あたり平均2~3分です。普通に考えるとパロディになりそうにない古今の名曲、たとえばベートーヴェンの交響曲やストラヴィンスキーの春の祭典などもネタにしてしまう、すごい2人組です。

 主にメロディーを担当するマイケル・コプレイの演奏技術は大したものです。各種リコーダーやフルートを持ち替えて吹くのは当たり前で、オカリナやパンフルート、はたまた、どこの国ものかわからない民族楽器のようなものまで、30種類くらいの楽器をこなします。テンポも軽快で、いかにも簡単そうに吹くところに聴衆は感心し、圧倒されてしまいます。

 一方、伴奏に徹していて、一見目だたないイメージのアコーディオン。むしろこっちの方が大変なんでは、と思います。なにせ、クラシックのオーケストラの名曲のメロディー以外のパートを全部担当しているわけです。この団体の演奏はユニークでジョークにあふれているだけではなく、オケの中にある必要な和音ときちんと拾って、ちゃんと原曲がイメージできる響きをつくっています。これがアコーディオンの凄さだと思います。

 しかし、この2人、いつもすべて暗譜で演奏しています。もちろんピアニストだって指揮者だって暗譜して演奏するわけですが、編曲されて転調されているもの、古いもの、新しいもの、ギャグが盛り込まれているもの、それらの曲順も含めてすべて覚えているわけですから、大したものです。まあ、同じネタを何10回、何100回と繰り返しながら世界中を旅しているうちに体にしみついてしまうのかも知れませんが。

昔のメンバーでのCD(4枚組!)
なんと120曲以上も入っています
icon
icon
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。