スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベートーヴェンの第九の第4楽章のレシタティーボのテンポ

 ベートーヴェンの第九の第4楽章の冒頭、最初の喧騒が終わったあと、低弦だけで弾く、あの劇的なメロディーのところです。往年の名指揮者の演奏では、思い入れたっぷりにテンポを揺らして演奏しています。そういう演奏にずっと慣れ親しんでいました。

 でもスコアを見ると、至極単純に書いてあります。古典派のきょくなんだから、譜面どおりのテンポで弾いてみたらどうなるのか、というのは興味があるとことろでした。

 そんな疑問に答えてくれた演奏がノリントンやグッドマン、マッケラスらの演奏でした。最初はなんだかあっけない感じで、拍子抜けというか肩透かしをくらった感じがしましたが、何度も聴くと、この刺激的な演奏が逆に病みつきになってしまって、他の普通の演奏が物足りなくなってしまうから、人間の感覚というか、慣れというのはふしぎなものです。

 ノリントンは昔、ロンドン・クラシカル・プレイヤーズとの全集がありましたが、最近ではシュツットガルト放送交響楽団との新しい全集が出ています。ここでも第九の斬新なテンポは健在です。録音もよくて、各パートが細部までよく聴き取れます。こういう演奏をスコアを片手に聴くものよいものです。

ノリントンの旧盤です    こちらが新盤です    マッケラスも面白い
  
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。