スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サントリーホール 夢のガラ・コンサート(1997)

 放映されたのは1997年でしたが、実際の演奏会は1996年だと思います。最近20周年を迎えたサントリーホールですが、10周年のときも盛大なガラコンサートが行われ、NHK-BSでその模様が放送されました。エアチェックしたビデオテープ(今はDVD-Rに移してしまいましたが)が手元にあります。曲目と演奏者の顔ぶれがなかなか興味深い演奏会でした。

 演奏順に列挙します。オケの演奏は、すべて秋山和慶さん指揮の東京交響楽団です。まず古田輝夫さん、横山勝也さんによる古典本曲「鹿の遠音」。次に、エンパイア・ブラスによるテレマンの「英雄的音楽」。そして、ヨー・ヨー・マと内田光子さんのシューベルト「アルペジョーネ・ソナタ」。日本のオケのコンサートマスター達で構成される「コンサートマスターズ」によるクライスラーの「美しきロスマリン」。ペイエのクラリネットによるモーツァルトの協奏曲の第2、3楽章。

 まだまだ続きます。ズーカーマン、中村紘子さん、堤剛さんによるベートーヴェンの三重協奏曲から第2、3楽章。アントンセンとマーシャルのトランペットとオルガンによる、バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」とマルティーニのトッカータ。ターリッヒSQによるヤナーチェクの「クロイツェル」。佐藤しのぶさんによるトスカ「歌に生き、恋に生き」。サヴァティーニによるボエーム「冷たい手」とオー・ソレ・ミオ。そして最後に全員でエルガーの威風堂々第1番。

 この中で最も印象に残っているのが、アルペジョーネソナタでした。ソニーのヨー・ヨー・マとフィリップスの内田光子さん、という組み合わせはCDではほぼありえないわけで、まさに一期一会の演奏でした。感情移入たっぷりの濃厚な解釈ですが、決して品が悪くならないところがさすがです。ひとつひとつの音に微妙な陰影がこめられた演奏で、CD化されていればマイスキー&アルゲリッチ盤を凌駕したかもしれません。こんな貴重な演奏が聴けるのもエアチェックの魅力だと思います。

アックスとの共演のCD  内田さんの歌曲の伴奏 内田さんのシューベルト
  
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。