スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィーンフィル創立150周年記念コンサート 指揮はムーティ(1992)

 今年また来日が予定されている、ムーティとウィーンフィル。そういえば、ずっと昔、1975年にベームとウィーンフィルが来日したときも、ムーティが同行していました。そのムーティが1992年に振った創立150周年記念の演奏会はBSで放映されたので観た方も多いのではないかと思います。熱のこもった名演奏だったと思います。

 プログラムの選曲が憎いほど魅力的でした。5曲プロというところが変則的。協奏曲こそないものの、ベートーヴェンからラヴェルまで、ウィーンフィルの美しさを堪能できるプログラムだったと思います。

 まず、シューベルトの未完成。オーソドックスな堂々とした演奏でした。シューベルトといえばウィーンの作曲家というイメージがあります。

 2曲目はマーラーのリュッケルトの詩による5つの歌曲。独唱はクリスタ・ルートヴィヒ。彼女もウィーンフィルとの組み合わせが良く似合う歌手です。ベームとの数々の共演を想起させる歌唱でした。

 3曲目がベートーヴェンのコリオラン序曲。芯のある、力強いウィーンフィルの響き。ムーティの逞しい指揮ぶりの映像のせいか、格調高い立派な演奏に聴こえました。

 4曲目がメンデルスゾーンのイタリア。特に終楽章の熱狂ぶりは凄いです。指揮者も演奏者も何かに取り付かれたように熱くなっている、大興奮状態の演奏。当然聴くほうも熱くなります。

 最後はラヴェルのボレロ。これで盛り上がらないわけにはいきません。ムーティ得意のファリャやレスピーギなんかでも良かったかも知れませんが、万人受けする、という点ではやはりボレロかもしれません。

 こんな盛りだくさんのプログラム、またどこかでやって欲しいと思います。

 うーむ、廃盤ですか    2004のニューイヤー   モーツァルトもよし
  
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。