スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラヴィコード 独特の音色の魅力

 鍵盤楽器といえばまずピアノ。バロック時代はチェンバロです。古楽器で古典派の音楽を演奏するときなどはフォルテピアノが使われます。ハープシコードやクラヴサンなんでいうのもありますが、チェンバロと同じと考えてよいでしょう。これらのどれでもない楽器がクラヴィコードです。

 なんともいえない独特の音色がします。CDでしか聴いたことがないのですが、多分音量はすごく小さいはずです。ギター、あるいはリュート、あるいは琴の弦を鍵盤で弾いたような音、というのもちょっと違う感じがします。なんとも表現が難しいですが、わびさび的?というような(これもあまり適切ではないですが)質素な響きには不思議な魅力があります。

 Webでいろいろ調べてみると、形状は結構コンパクトで、家庭で用いられるのに適した大きさだったということがわかります。多分、持ち運びなんかもそれなりに楽にできたのではないでしょうか。

 現代の製品にたとえると、ミニコンポ、ノートパソコンなどのようなものでしょうか。つまり、メインではなくサブとして使うパーソナルな楽器という位置づけだとしたら、なかなか面白い使い方ができたのではないかと思います。例えばちょっと外に持っていって弾いてみるとか。

 音楽史の専門家からは怒られるかも知れませんが、そんな勝手な想像をしながらこういう楽器のCDを気楽に聴くもの面白いと思っています。

ハイドンもなかなかいける ルネサンスものもある もちろんバッハもいいです
  
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。