スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランツ・リスト室内管弦楽団のオール・ハンガリー・プログラム(1990)

 昨日に引き続き、古い録画の話題です。1990年に放映された、フランツ・リスト室内管弦楽団の演奏会です。「管弦楽団」といっても、管楽器はいなくて弦楽合奏団の演奏会です。

 この団体は指揮者を置かず、コンマスのヤーノシュ・ローラがリードしています。しかし、果たして「リード」することが必要なのか、と思うくらい全員の意思が統一されているところにこの団体のすごさがあります。単に練習を積み重ねて仕上がったアンサンブルを超えた何かがあります。

 1990年の演奏会のプログラムは順不同で、リストのハンガリー狂詩曲第2番、ブラームスのハンガリー舞曲のいくつか。そして、バルトークのディヴェルティメント、ルーマニア民俗舞曲。そのほかにはヴェイネルの小品。アンコールはベルリオーズのラコッツィ行進曲。ディヴェルティメント以外はすべて弦楽合奏用に編曲されたものです。

 これらの曲にはしばしば民謡が引用されます。民謡というのはどの国のものでもそうですが、五線譜にかけないような微妙なテンポやリズムの変化があります。西洋音楽の演奏者は、ともするとそれを一生懸命分析して、言葉や理論で表現し、合理的練習を積み重ねながらアンサンブルを仕上げていこうとします。

 しかし彼らの演奏はそいうものとは全く違います。各自が自分の体内から自然ににじみ出てきたリズム感やテンポ感で楽器を弾いています。相当大胆なアゴーギクなんかもつけているのですが、結果として全員がぴたっと合っていて一糸乱れぬアンサンブルになっています。でも誰かが誰かに合わせようとしているそぶりがありません。平然と自信満々に弾いているのです。

 このようにして醸し出される、他には真似できない濃厚な民族臭のようなものが、この団体の魅力だと思います。

お得意のバルトーク なぜか協奏曲伴奏が多い ペレーニとのハイドン
icon
icon iconicon iconicon
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。