スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J.ウィリアムズの「スター・ウォーズ」の同曲異演盤を聴く

J.ウィリアムズの映画音楽は、いわゆるクラシックのオーケストラと同じ編成で演奏できるものが多いです。古いところでは、未知との遭遇、スター・ウォーズ、スーパーマンなんかが有名です。昔、本人がボストン・ポップス・オーケストラを率いて来日公演したときに、自作の曲だけをあつめてコンサートを行ったこともありました。

 ですから、アンコール・ピースや、いわゆるポップス・クラシックのコンサートのレパートリーとしてよく取り上げられています。だだし、決して技術的には簡単な曲ではなく、オケのレベルも結構高くないとサマになりません。アマオケなんかがやると実は相当大変なのではないでしょうか。

 さて、最も有名なのは何といっても「スター・ウォーズ」でしょう。これは組曲の形式のバージョンがあって、いろいいろな指揮者の演奏がありあます。したがって、同曲異演盤を聴き比べる、というクラシック音楽の楽しみ方がこの曲にも適用できるというわけです。

 指揮者やオケがちがうと、当然ですが、テンポやリタルダンド、音色、楽器間のバランス、各パートの技量などが違っていて、モノによってはサントラ盤よりカッコいいように思えるものもあります。

 昔、第1作(第4作というべきか)がはやった1970年代の後半に、メータ指揮ロサンゼルスフィルのLPを買って聴いたことがありました。オリジナルは作曲者が指揮したロンドン交響楽団のものでしがた、メータの演奏の方が出来がよいのでは、と思ったのが懐かしいです。今はもっといろいろなCDが出ていて、聴き比べも結構楽しめます。

自演だがサントラとは別物 昔聴いたメータの演奏 もうクラシックの仲間入り   
  
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。