スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若き巨匠達の競演 メンデルスゾーンの八重奏曲(1989)

 サントリーホールで行われた室内楽の演奏会がテレビで放映されました。メインの曲はメンデルスゾーンの八重奏曲。メンバーがすごかったです。ヤン・ウク・キム、古澤巌、漆原啓子、松原勝也(以上、Vn)、今井信子、豊嶋泰嗣(以上Va)、堤剛、ヨー・ヨー・マ(以上Vc)。多分二度とこんなメンバーがあつまることはないのでは、と思えるような顔合わせです。

 一人一人がソリストですから、こんな方たぢが8人でアンサンブルがまとまるんだろうかと心配しましたが、まったくの杞憂でした。アンサンブルは完璧に仕上がった上で、いい意味で手に汗握るエキサイティングな演奏でした。メンデルスゾーンの八重筝曲でこんなに興奮したことは後にも先にもありません。

 この曲は弦楽四重奏曲がちょうど2セット必要なのですが、アンサンブルはともかく、音量のバランスをとるのがとても難しい曲だと思います。皆が自己を主張すると、ただの騒がしい音符が多いだけの曲になってしまいます。全員が、自分の役割を正しく理解して出るところは出て、譲るところは譲る、という音楽的センスがあって初めていい演奏になるような気がします。

 このときの演奏は、それが絶妙にはまっていました。第一楽章の出しのやわらかい感じや、スケルツォの軽くはねる感じがうまく表現されている一方で、終楽章ではお互いがいい意味で刺激しあいながら、おおきなうねりをつくって全員が一丸となって盛り上がって、壮大なフィナーレになっていました。
ステージでお互いの音楽に刺激をうけながら、だんだんテンションが上がっていくような演奏でした。

 さらにそれを楽しみながらやっているのが映像から判ります。ヨー・ヨー・マなんかは他の人のフレーズを微笑みながら眺めつつ、その次に自分が同表現するかをその場で考えて、リアルタイムでフィードバックをかけながら演奏しているようにすら見えます。技術的に音楽的にも余裕綽々で演奏できているということなのだと思います。

これも結構興奮します  往年の名盤ですね  緻密なアンサンブル
icon
icon iconicon iconicon
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。