スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルティーニ&N響のマーラー交響曲第3番(1987)

 まだ、そんなに有名になる前にN響を客演したベルティーニが振ったマーラーの交響曲第3番は日本の音楽ファンに深い感銘を与えた名演だったと思います。1987年のことでした。

 多分NHK教育テレビで放送されたはずですが、残念ながら私の録画コレクションには残っていません。そのかわり、年末に放送された「音楽ハイライト」という番組を録画したVHSテープがあり、その中で第1楽章の一部分だけを観ることができます。

 ベルティーニの指揮は、観ていて実に明快です。バーンスタインやゲルギエフのようなカリスマ的な指揮振りとは対極的なところにある、まさに職人芸的な指揮と言える思います。

 マーラーの交響曲はテンポ変化が激しく、作曲者の指示が細かく書かれています。ブレーキをかけたり急加速したりの連続で、指揮者の意図をオケの楽員が十二分に把握して、アンサンブルを破綻させずにしっかりとついて行くのは、至難の業だと思います。特に一期一会のライブではなおさらです。

 その後にベルティーニが残したマーラーの名演の数々は改めていうまでもありませんが、1987年にN響を振ったときのベルティーニの指揮も非常に気合の入ったものでした。指揮姿から読み取れるテンポやダイナミックスの情報量がすごく多くて、オケに自分の意図を伝えようとする熱意がひしひしと感じられます。

 たとえばテンポの揺らし方がなんかもきちんと分割されて振られていて、どういう風に演奏したいのがが明瞭にわかるような指揮に見えました。8本ホルンが一つの楽器のように音の塊をつくって微妙にテンポの揺れをなぞっていくところなんがはゾクゾクするほどぴたっと決まっています。また金管が合奏するところでの、背筋がピンと伸びて、きりっと引き締まった響きや、輪郭の彫りが深く力強い低弦など、オケの方もベルティーニの情熱が乗り移ったかのような熱演になっています。実演を聴けた方がうらやましいです。

全集がこの値段なんて!晩年の都響との8番 日本での最後の演奏
icon
icon iconicon iconicon
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。