スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダニエル・バレンボイム 50周年記念コンサート(2000)

バレンボイムのバイタリティにはいつも驚愕と畏敬の年を感じます。デビューから現在まで、ピアニストと指揮者の両方において世界の第一線で活躍している音楽家は他にいないのではないでしょうか。

 音楽活動50周年を記念して、2000年8月19日にブエノスアイレスで行われたリサイタルはDVDになっています。全部で14曲あるのですが、モーツアルト(K.330)、ベートーヴェン(熱情)のほか、アルベニス、スカルラッティ、ヒナステラ、シューベルト、ショパンなどなど、と続きます。多忙な指揮活動の中でどうやってこのような広大なレパートリーを維持しつづけられるのか、不思議にさえ感じます。

 器楽奏者で指揮をする演奏家は他にもたくさんいます。ただし、指揮活動が本業になっていくにしたがって、自らが演奏する機会がどんどん減っていくのが普通です。オケのコンサートで時々モーツァルトの協奏曲を引き振りしたりすることはあるのですが、まったくのソロ活動と指揮者を両立させつづけていたケースは本当に稀です。代表格がバレンボイムで、次がロストポーヴィチくらいでしょうか。

 バレンボイムは最近になって、何度目になるのでしょうか、またベートーヴェンのピアノソナタの全曲演奏会を開いたりと、勢いを緩める感じがありません。片や指揮者としては、ワーグナーの重厚長大なオペラを精力的に振ったりしているわけですからまったく頭が下がります。

 そんな多彩なバレンボイムですので、面白いCDの聴き比べができます。ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」。ピアノ独奏と指揮を担当したものがそれぞれあって、さらに弾き振りをしたものまであります。

50周年記念コンサート
 

ピアニストとしての「皇帝」 指揮者としての「皇帝」  弾き振りの「皇帝」
   
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。