スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒルデガルト・フォン・ビンゲン ブームになる(1996)

 1995年ごろからだったかも知れません。中世の作曲家、ヒルデガルト・フォン・ビンゲン(Hildegard von Bingen、1098~1179)ブームになりました。私もつられてCDを買いました。

 中世ドイツの女子修道院長。神学者で神秘家?、また医学者、そして作曲家。西洋音楽史上最初の女性作曲家とも言われています。彼女の生い立ちや業績についてはいろいろな記録が残っており、調べれば調べるほど興味深く感じられることが、ブームの原因のひとつかもしれません。

 音楽的にも独特の魅力があります。彼女の曲は単旋律でできていて、それが主に女声で歌われるのが特徴です。単旋律と女声という組み合わせの音楽をこれまで我々はあまり知りませんでした。そのため、曲の響きが大変新鮮に感じられ、それがブームになった一因なのではないか、と思っています。

 たとえば、バロックより前の時代というとルネサンス時代になるわけですが、この時代の音楽は多声音楽です。タリス・スコラーズや、ザ・シックスティーンなどのCDで聴くことのできるこれらの音楽は、それはそれで非常に美しいのですが、ヒルデガルトとはまた別世界です。

 一方、我々はグレゴリオ聖歌というものも知っています。これも単旋律ですが男声で歌われます。いくつかの旋法があり独特の音階が使われますのですが、これとヒルデガルトの音楽もまた違います。彼女の音楽は、ブームになるまで、ほとんど未知の音楽だったためによけいに新鮮に思えたのではないでしょうか。

 いずれにしろ、こういう音楽をたまに聴くと、ほっとした気持ちになります。癒しの音楽としては誠に好適だと思います。

オックスフォードカメラータ 神秘的な残響の録音  美しい女声の単旋律
  



スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。