スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Decca Sound を聴く その22 カラヤンの「惑星」ほか

22枚目のCDです。

ホルスト:組曲[惑星」/同:どこまでも馬鹿な男からバレエ音楽/同:エグドン・ヒース
演奏: 指揮・・・ヘルベルト・フォン・カラヤン、ウィーン国立歌劇場合唱団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(惑星)、指揮・・・サー・エイドリアン・ボールト、ロンドン交響楽団(惑星以外)
録音: 1961年9月、ソフィエンザール、ウィーン(惑星)、1961年3月、キングズウェイホール、ロンドン(惑星以外)

1組曲「惑星」 Op.32火星
2組曲「惑星」 Op.32金星
3組曲「惑星」 Op.32水星
4組曲「惑星」 Op.32木星
5組曲「惑星」 Op.32土星
6組曲「惑星」 Op.32天王星
7組曲「惑星」 Op.32海王星
8どこまでも馬鹿な男 Op.39導入部 - 地の精の踊り
9どこまでも馬鹿な男 Op.39水の精の踊り
10どこまでも馬鹿な男 Op.39火の精の踊り
11エグドン・ヒース Op.47

 ホルストの作品を集めたCDです。今までのCDと違うのはボーナストラックが全く違う演奏者、ということ。50枚の中に入らなかった、英国の大御所、サー・エドリアン・ボールトをどこかに入れたくて作曲者がホルストだということでこのカラヤンのCDに入れた、というのは深読みしすぎでしょうか。しかしこのボーナストラック、思わぬ拾いものという感じで楽しく聴けました。録音も良いです。

 ところで、この50枚のデッカのシリーズ、やはり自国である英国の作曲家や演奏家を積極的に取り上げる傾向がみられると思います。ホグウッドのところではモーツァルトではなくパーセルでしたし、このカラヤンもベストワンといったときにはR.シュトラウスのツァラトゥストラ、とかヴェルディのオテロのハイライト、などという選択肢もあったと思います。やはりここでもイギリスの作曲家ホルストが取り上げられています。

カラヤンの惑星は、ベルリンフィルとのデジタル録音もありますし、演奏の精度や細かな詰め完成度では他にも優秀な演奏もあると思いますが、このウィーンフィルとの録音は「惑星」という曲の知名度を上げたという意味で歴史的にも価値の高い演奏といえるでしょう。

 火星の最初で弦楽器全員が一斉にのコルレーニョ奏法(弓の毛の部分ではなく、木の部分で弦を叩くように弾く奏法)で五拍子のリズムを刻む部分がありますが、ソフィエンザールのホールが眼前に広がるかのような空気感の感じられる録音には感服します。デッカが録音するとたとえウィーンフィルでも、華麗で絢爛な現代的なサウンドになってしまうのですが、水星の途中で出てくるヴァイオリンとチェロのソロの艶かしさなんはやはりウィーンフィルっぽさを感じます。

   
紙ジャケのデザインはこれ   在庫ありですね。 
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。