スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Decca Sound を聴く その20 ホグウッドのパーセル

20枚目のCDです。

パーセル:歌劇「ディドーとエネアス」
演奏: 指揮・・・クリストファー・ホグウッド、エンシェント室内管弦楽団、合唱団、ソプラノ・・・キャサリン・ボット(ディドー)、エマ・カークビー(ベリンダ)、ジュリアン・ベアード(第2の女)、エリザベス・プライデイ(第1の魔女)、カウンター・テノール・・・マイケル・チャンス(精霊)、トレブル・・・ダニエル・ロックマン(水夫)、テノール・・・ジョン・マック・エインズリー(エネアス)
録音: 1992年9月、ウォルサムストウ・アセンブリー・ホール、ロンドン

1序曲
2第1幕 「花の顔くもらせる憂いの雲をはらいたまえ」(ベリンダ、合唱)
3第1幕 「ああ、ベリンダ、口には出せぬ苦しみが」(ディドー、ベリンダ)
4第1幕 「二人の君主が結ばれる時」(合唱)
5第1幕 「かの雄々しさはいずこより生ぜしものか?」(ディドー、ベリンダ)
6第1幕 「あとの危険は恐れたもうな」(ベリンダ、第2の女、合唱)
7第1幕 「御覧じませ、客人のお出ましです」(ベリンダ、エネアス、ディドー)
8第1幕 「武人の心に深手負わせる矢を放つもの」(合唱)
9第1幕 「わがためならずとも」(エネアス)
10第1幕 「愛よ、征服するまで手をゆるめてはならぬ」(ベリンダ)
11第1幕 ギターによるチャコニー
12第1幕 「丘にも谷にも」(合唱)
13第1幕 歓びの踊り
14第2幕 魔女たちの前奏曲-「夜道行く孤独な旅人おびやかし」(魔法使いの女、第1の魔女)
15第2幕 「害悪流すはわれらの喜び」(合唱)
16第2幕 「われらの憎むはカルタゴの女王」(魔法使いの女、合唱、第1の魔女)
17第2幕 「われらの深き洞穴で」(合唱)
18第2幕 復讐の女神たちのエコー・ダンス
19第2幕 リトルネッロ-「この美しき山峡」(ベリンダ)
20第2幕 ギターによるグランド
21第2幕 「ダイアナはこの山愛でて」-リトルネッロ(第2の女)
22第2幕 「見たまえ、曲がれるわが槍先に」(エネアス、ディドー)
23第2幕 「いそぎ町へ帰りたまえ」(ベリンダ、合唱)
24第2幕 「王子よ、立ち止まり、偉大なる大神の命を聞け」(精霊、エネアス)
25第2幕 リトルネッロ
26第3幕 前奏曲-「いざ行け、仲間のものよ」(水夫、合唱)
27第3幕 水夫たちの踊り
28第3幕 「見よ、旗も幟もひるがえり」(魔法使いの女、魔女たち)
29第3幕 「破壊はわれらの喜び」(合唱)
30第3幕 魔女たちの踊り
31第3幕 「そなたの助言はすべてむなしく」(ディドー、ベリンダ、エネアス)
32第3幕 「偉大な心はおのれを欺き」(合唱)
33第3幕 「ベリンダ、そなたの手を」-「土の中に横たえられし時」(ディドー)
34第3幕 「力なく翼を垂れしキューピッドよ」(合唱)

 この録音はDeccaレーベル傘下のオワゾリールレーベルとして世に出ていたものです。クリストファー・ホグウッド(1941 - )はオワゾリールに幅広いレパートリーの録音を残しています。中でも、モーツァルトの交響曲全集は当時、オリジナル楽器による最先端の演奏として大変話題になりました。その一方で、彼は自国の作曲家の作品を優れた録音で残すという使命もきちんと果たしています。ヘンリー・パーセル(1659-1695)の6枚組の劇音楽全集がその代表的なものです。これを完成した後に取り組んだ作品がこの「ディドーとエネアス」でした。当時のホグウッドの基本スタンスである学術的考証へのこだわりが随所に盛り込まれ、テンベリーの筆者譜に基づいて魔法使い役をバスに歌わせたりしています。

 歌手はオワゾリールの看板歌手が勢ぞろいです。面白いのは、エマ・カークビーがディドではなくベリンダを歌っているところ。国内盤の解説の中で、磯山雅さんによれば、カークビーに合っているのはディドではなくベリンダの方で、ディド役のボットとの理にかなった対比が生み出されている、と解説されています。

 オーディオ的な楽しみとしては、古楽器オーケストラの曇りのない透明なサウンドはもちろんのこと、効果音に要注目です。劇中の稲妻や雷鳴の音が入っているのですが、これにはドロットニングホルム劇場の舞台装置が使われています。ドロットニングホルム劇場といえば、18世紀の舞台装置を残している歴史的にも貴重な劇場で、ここを含むドロットニングホルム宮殿は、現在世界遺産になっています。

     
紙ジャケのデザインはこれ 11/15に再入荷予定だそうです。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。