スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Decca Sound を聴く その14 ドホナーニ、ウィーンフィルによるシェーンベルク、ベルク、ウェーベルン

14枚目のCDです。

シェーンベルク:期待/ベルク:「ルル」組曲/ウェーベルン:夏風の中で
演奏: 指揮・・・クリストフ・フォン・ドホナーニ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(シェーンベルク、ベルク)、クリーブランド管弦楽団(ウェーベルン)、ソプラノ・・・アニア・シリア(シェーンベルク)
録音: 1979年9月(シェーンベルク)、1973年4月(ベルク)、ソフィエンザール、ウィーン、1991年8月、セヴェランス・ホール、クリーブランド(ウェーベルン)

1シェーンベルクモノ・オペラ「期待」 Op.17第1場: ここで?
2シェーンベルクモノ・オペラ「期待」 Op.17第2場: これはまだ道なのか・・・
3シェーンベルクモノ・オペラ「期待」 Op.17第3場: ここに光がある! 
4シェーンベルクモノ・オペラ「期待」 Op.17第4場: あの人はここにもいない
5シェーンベルクモノ・オペラ「期待」 Op.17第4番: それはまだそこにいる・・・天の主の神
6シェーンベルクモノ・オペラ「期待」 Op.17第4場: でもあなたの目は妙よ・・・
7シェーンベルクモノ・オペラ「期待」 Op.17第4場: あなたはまたあそこを見ている・・・
8シェーンベルクモノ・オペラ「期待」 Op.17第4場: おお!優美でさえ・・・
9シェーンベルクモノ・オペラ「期待」 Op.17第4場: 愛する人、朝が来る・・・
10ベルクルル 組曲1. ロンド
11ベルクルル 組曲2. オスティナート
12ベルクルル 組曲3. ルルの歌
13ベルクルル 組曲4. 変奏曲
14ベルクルル 組曲5. アダージョ
15ウェーベルン夏風のなかで

 シェーンベルク、ウェーベルン、ベルクの作品を集めたCDです。1970年代前半まで、ウィーンフィルにはDeccaとの専属録音契約がありましたので、本家ウィーンフィルの演奏で新ウィーン楽派の作曲家の作品を録音に残すことはDeccaの使命ともいえるプロジェクトだったと思います。その役目を果たしたのがドホナーニでした。彼は23歳のときに、同じハンガリー出身のショルティに認められてフランクフルト歌劇場の助手に採用されました。おそらくこのCDに収められている「ルル」組曲が彼のDeccaデビュー録音だと思います。1929年生まれですので、もう80歳を超えているんですね。

 私がドホナーニの名前を知ったのは1977年のウィーンフィル来日公演のときでした。そのときはベームと同行していて、「田園」「運命」といったプログラムをベームが振り、「未完成」、ベートーヴェンの第7番といったプログラムをドホナーニを振りました。それらの演奏の様子がNHK-FMで放送され、当時カセットテープに録音した音源を今でも持っています。

 ソプラノのアニア・シリアは1940年生まれ。10歳ですでに歌手としての頭角を現し、20代前半にはバイロイト音楽祭に出演しています。私が彼女の名前を最初に知ったのは、ベームの「ラインの黄金」のLPで、フライア役を歌っていました。シェーンベルクのような難曲でも完全に手中のおさめたかのような堂々とした歌唱には感服します。彼女はドホナーニの2番目の妻だったこともありましたが、今は離婚しているようです。

 「期待」は人間の精神が錯乱している状態を表現した、重苦しい深刻な内容の作品ですので、気軽な気持ちで聴けるものでありません。オーケストレーションは非常に複雑で、演奏の難易度の高いことでも知られています。そんな難曲でも、Deccaのエンジニアのてにかかると、各パートが綺麗に分離されて、明瞭で抜けの良い音色のサウンドが、ソフィエンザールのほどよい残響とともに眼前に展開され、見事というほかありません。

 解像度の高い、シャープなサウンドというと、ロンドン交響楽団やシカゴ交響楽団などの音色を想像するかも知れませんが、ウィーンフィルならではの特質も十分に表出されています。複雑な音響の合間に聴こえてくるヴァイオリン・ソロのパッセージはヴィブラートたっぷりで艶かしく、やはりウィーンフィル、という雰囲気が出ています。

         
紙ジャケと同じデザインは見つからず。 シリアには別録音もあります。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。