スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Decca Sound を聴く その12 チョン・キョンファが弾くヴァイオリン協奏曲 

12枚目のCDです。

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調/ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番/同:スコットランド幻想曲
演奏: 指揮・・・シャルル・デュトワ、モントリオール交響楽団(メンデルスゾーン)、ヴァイオリン・・・チョン・キョンファ、指揮・・・ルドルフ・ケンペ、フィルハーモニア管弦楽団(ブルッフ)
録音: 1981年7月、聖ユスターシュ教会、モントリオール(メンデルスゾーン)、1972年5月、キングズウェイホール、ロンドン(ブルッフ) 
1メンデルスゾーンヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64第1楽章 アレグロ・モルト・アパッショナート
2メンデルスゾーンヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64第2楽章 アンダンテ
3メンデルスゾーンヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64第3楽章 アレグロ・ノン・トロッポ - アレグロ・モルト・ヴィヴァーチェ
4ブルッフヴァイオリン協奏曲第1番 ト長調 Op.26第1楽章 前奏曲 アレグロ・モデラート
5ブルッフヴァイオリン協奏曲第1番 ト長調 Op.26第2楽章 アダージョ
6ブルッフヴァイオリン協奏曲第1番 ト長調 Op.26第3楽章 終曲 アレグロ・エネルジーコ
7ブルッフスコットランド幻想曲 変ホ長調 Op.46序章 グラーヴェ - 第1楽章 アダージョ・カンタービレ
8ブルッフスコットランド幻想曲 変ホ長調 Op.46第2楽章 アレグロ - アダージョ
9ブルッフスコットランド幻想曲 変ホ長調 Op.46第3楽章 アダージョ - アンダンテ・ソステヌート 
10ブルッフスコットランド幻想曲 変ホ長調 Op.46第4楽章 フィナーレ アレグロ・グゥエリエロ


 チョン・キョンファがDeccaにデビューしたのは1970年6月録音のチャイコフスキーとシベリウスの協奏曲でした。オケはプレヴィン指揮のロンドン交響楽団で、当時彼女は22歳。このCDの後半のブルッフはデビュー2枚目となる録音です。メンデルスゾーンの協奏曲収められているのはデュトワとの録音です。チョン・キョンファのディスクから1枚、というときに何を選ぶかですが、私はラロのスペイン交響曲か、プロコフィエフの2つの協奏曲あたりかと思いましたが、違いましたね。

 Deccaが考えたチョン・キョンファの音色はジョシュア・ベルの録音などとはだいぶコンセプトが違っているように思えます。ひたすら美しい音に仕上げるというのではなく、弓と弦がぶつかる生々しい音を敢えて積極的に取り込んで、緊張感のある強靭で熱い気迫を感じさせる彼女のヴァイオリンの音質の特色を際立たせようという考え方が基本になっているように思えます。

 聖ユスターシュ教会でのデュトワとモントリオール響の響きは、とげとげしいところがなく、残響とよく溶け合ったマイルドな音づくりになっていて、それとは対照的な硬質な音色のヴァイオリン・ソロが中央前面に位置する、という録音になっています。彼女のテクニックは勿論万全で申し分なく、それにメンデルスゾーンの協奏曲に内包されている、いわゆる「泣き」の感情が乗っかってきて聴く方に押し寄せてきます。この魔力ともいえる彼女の独特な魅力がこの演奏の特徴だと思います。

 ブルッフの協奏曲は他のロマン派のヴァイオリン協奏曲の名曲に比べると平易で温和な部類に入る曲ですが、この演奏は気迫に満ちたスリリングなものになっています。第3楽章なんかでは、一音たりともおろそかにするまいといわんばかりの叩きつけるような重音の奏法を畳み掛けながら、決して前向きのテンポを緩めることなくぐいぐい突き進んでいく演奏は大変見事です。チョン・キョンファはその後DeccaからEMに移籍して、そこでも数々の名演奏を残していますが、この20代の瑞々しい演奏は色褪せることがない貴重な記録であると思います。

   
紙ジャケのデザインはこれ メンデルスゾーンのオリジナルのカップリングはチャイコ
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。