スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Decca Sound を聴く その7 ブロムシュテットのR.シュトラウス 交響詩「ドン・ファン」とアルプス交響曲

7枚目のCDです。

R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」/同:アルプス交響曲
演奏: 指揮・・・ヘルベルト・ブロムシュテット、サンフランシスコ交響楽団
録音: 1988年5月、6月、デイヴィス・シンフォニーホール、 サンフランシスコ
1交響詩「ドン・ファン」 Op.20
2アルプス交響曲 Op.64
3アルプス交響曲 Op.64日の出
4アルプス交響曲 Op.64登り道
5アルプス交響曲 Op.64森への立ち入り - 小川のほとりの旅
6アルプス交響曲 Op.64
7アルプス交響曲 Op.64幻影
8アルプス交響曲 Op.64花の牧場
9アルプス交響曲 Op.64山の牧場
10アルプス交響曲 Op.64林で道に迷う
11アルプス交響曲 Op.64氷河
12アルプス交響曲 Op.64危険な瞬間 - 頂上にて 
13アルプス交響曲 Op.64見えるもの
14アルプス交響曲 Op.64霧が立ちのぼる
15アルプス交響曲 Op.64日が次第にかげる 
16アルプス交響曲 Op.64悲歌
17アルプス交響曲 Op.64嵐の前の静けさ
18アルプス交響曲 Op.64雷雨と嵐、下山
19アルプス交響曲 Op.64日没
20アルプス交響曲 Op.64終結 
21アルプス交響曲 Op.64

 アルプス交響曲は私の大好きな曲の一つ。何かと外面的な派手さとスペクタクル性で論じられがちな曲ですが、それぞれのモチーフの展開の仕方はR.シュトラウスの楽劇並みに凝って作られていて、聴けば聴くほど作曲者の自然に対する畏敬や愛情の念が伝わってくる名曲だと思います。

 とはいえ、録音エンジニアにとっては実力の発揮のしどころ。メジャーレーベルでデジタル録音が本格的にスタートした1980年代には、演奏、録音の両面での優秀さが要求されるこの曲の名盤がいくつも生まれています。DGでは有名なカラヤンとベルリンフィルの演奏(1980年)、フィリップスではハイティンクとコンセルトヘボウの演奏(1985)などが代表例でしょう。Deccaにはショルティとバイエルン放送交響楽団の演奏がありましたが、これは1979年の録音でアナログ録音です。
 
 後だしジャンケンは勝って当たり前。Deccaのスタッフによって入念なセッション録音によって完璧を目指したらこういう演奏になりました、というのがこのCDの全体的な第一印象です。すべてのパートのアンサンブルは破綻することなく綺麗にまとまっていて、たとえば嵐のところで普通だともやもやしてしまうヴァイオリンパートが凄く明瞭に聴こえてきたり、滝のところで弦楽器が何パートにも分かれて複雑になるところなんかもスコアが透けて見える、という表現がぴったりです。また、ライブではどうしても疲れが隠せなくなる後半部分の金管のコラールも、余裕すら感じさせる堂々とした吹きっぷりで圧巻。いわゆる「汗」や「熱気」が感じられない、とも一部では評されてしまっているこの演奏ですが、録音芸術の理想形としてはこういうアプローチもありかな、と思います。

 その後、この曲の名録音はプレヴィンや小澤やティーレマンのウィーンフィル、ヤンソンスのコンセルトヘボウなど、すべてを挙げられないくらい沢山の名盤が登場しています。ドイツ風の演奏が好みであれば、ドレスデンのオケなどを聴くのも面白いかと思いますが、それだってベーム、シノーポリ、ルイージなどの比較ができます。まさに今は名盤乱立というか飽和の時代です。ちなみに私が最も気に入っている演奏は、メータとベルリンフィル(SONYの録音)です。

     
紙ジャケのデザインはこれ  私のお気に入り     一時的に在庫なし状態です(10/15)。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。