スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝説的なロシアのピアニストたち(3)オボーリン、ケレル

 3枚目はレフ・オボーリン(1907-1974)とルドルフ・ケレル(1924-)です。収録曲はオボーリンがモーツァルトのピアノ協奏曲第20番とチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番、ケレルがプロコフィエフのピアノ協奏曲第1番と3つのオレンジへの恋からマーチとスケルツォ。録音年はそれぞれ、1964年、1948年、1961年です。オボーリンはオイストラフとのデュオ、特にベートーヴェンのヴァイオリンソナタ全集の録音が大変有名。アナログ時代からの名盤として知られています。アシュケナージの先生でもあります。このCDではチャイコよりもモーツァルトの方が相性が良いように思いました。

 プロコフィエフを弾くケレルの演奏は大変力のこもった情熱溢れる演奏です。1998年のライブのCDも世の中にはでているようで、ものすごく演奏歴が長いと思いきや、数学教師から一念発起して1961年に38歳でコンクールに出場して優勝、という不思議なキャリアです。



オボーリンとケレルの演奏が入ったCD。でも廃盤のようです。
スポンサーサイト

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。