スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイティンクとコンセルトヘボウのベートーヴェン

 昨日のLSOとの演奏との比較、ということでアムステルダム・コンセルトヘボウとの録音を紹介。1980年代半ば(1985~1987年ごろ?)の録音。LSOの演奏をさかのぼること20年です。こちらの演奏は、中庸を目指した優等生的な演奏。アンサンブルは完璧に仕上げていますし、録音も素晴らしいです。私はこの当時、ハイティンクの演奏が結構気に入っていて、ベルリンフィルとのマーラーやストラヴィンスキーやウィーンフィルとのブルックナーなんかを買っていました。
 この演奏、LSO盤と比べると、大変落ち着いていて余裕のある演奏に聞こえます。田園の第2楽章なんかでは木管楽器に即興的とも思えるテンポの自由さを許容しているところなんかは当時としては自由な感じがして新鮮で面白かったです。
 この20年での演奏様式の変化の真意は知る由もありませんが、古楽器様式の演奏スタイルが完全に市民権を得たこと、あるは指揮者がそれに開眼?したことなんかがあるのかなぁ、と考えたりしています。こういうことを想像するのもまた楽しいですね。



あれ?今ではバラでしか売っていないんでしたっけ?
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。