スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ・ハルモニア・ムンディ設立50周年記念限定BOX その50

ゼレンカとピゼンデルの器楽曲が収録された、50枚目のCDを聴きました。曲目と演奏者は以下の通り。

ゼレンカ ヒポコンドリア イ長調 ZWV187
ピゼンデル 協奏曲ニ長調
ゼレンカ 協奏曲ト短調 ZWV186
ピゼンデル ソナタ ハ短調
ゼレンカ シンフォニア イ短調 ZWV189

ヴァイオリンと指揮・・・ゴットフリート・フォン・ゴルツ
フライブルク・バロック・オーケストラ

 ヴァイオリンの名手として知られる、ヨハン・ゲオルク・ピゼンデル(1687-1755)]と、昨日に引き続いて、ゼレンカの曲を交互に収録したCDです。

 ピゼンデルの協奏曲、最初にソロ・ヴァイオリンが出てくるところは、いきなりカデンツァで始まります。実に刺激的で、悪魔的にすら感じます。その後のソロパートも自在かつ奔放で、華麗なテクニックが披露できるようになっており、見せ場としては十分。自身が名手であったことがうなずけるような曲です。

 ゼレンカの曲は、昨日の曲よりもさらに刺激的です。たとえば協奏曲の進行の意外性のある展開はは、バッハやテレマンにはない独特なもので、はまると病みつきになるような不思議な魅力があります。何拍子の曲だか一瞬判らなくなるような前衛性があって、きっと、作曲当時は相当斬新に聴こえたのではないかと思ってしまいます。

 最後の曲は8声のシンフォニアという曲なのですが、この第4楽章はすごく面白かったです。前半は穏やかな感じで、チェロやファゴットのなごやかなやり取りが大変叙情的です。ところが後半は一変して、怒涛のように音楽が突進していきます。チェロ、ファゴットに加えて、ヴァイオリン、オーボエも、ソロ楽器として入ってきて、それぞれが競い合って入れ替わり立ち代り腕前を披露するような展開になって、大変エキサイティングです。

  当録音の単売      ピゼンデルの作品  5枚組みのゼレンカ作品集
iconicon  iconicon iconicon
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。