スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ・ハルモニア・ムンディ設立50周年記念限定BOX その38

ジャン=フィリップ・ラモー(1683-1764)の歌劇からの管弦楽曲を抜粋した、38枚目のCDを聴きました。曲目と演奏者は以下の通り。

ラモー
歌劇「イポリートとアリシー」組曲

・プロローグ(7曲)
・第1幕(4曲)
・第2幕(3曲)
・第3幕(6曲)
・第4幕(2曲)
・第5幕(5曲)

指揮・・・シギスヴァルト・クイケン
ラ・プティット・バンド

 全部で27曲入っいて、ラモーならではの優雅でゴージャスな響きが楽しめます。でも相変わらずジャケットには詳細な説明はありません。このオペラはラモーの最初のオペラで、「フェードル」という劇が原作だそうです。全曲演奏すると3時間ほどですが、そのうち1時間弱が管弦楽曲ということになります。歌のない曲が結構たくさんあるオペラだと思いますが、当時は他のもこんなものだったのでしょうか。

 さて、演奏はクイケン率いる、ラ・プティット・バンドです。残響が豊かな場所で録音されているようですが、個々の楽器の音はしっかりと明瞭に聴こえていて、雰囲気抜群です。録音が1978年というので驚きました。最新のデジタル録音と比較しても全然古さを感じません。

 オーボエ、フルート、ファゴットが入れ替わり立ち代り出てくるのですが、音色はどれも深く温かみがあります。1つのパートを何人かで吹いているように聴こえるところもあります。バロックの管楽器の音色を楽しむには好適の1枚と思います。

 弦楽器の方は、明るくカラッとしていて、開放的で、伸びのびと弾いているような感じがするのですが、それでいて輪郭ははっきりしていて、付点のリズムの切れなんかもいいです。低弦も割と厚めの響きであるにもかかわらず、もたもたせずに軽快です。なかなかの好演だと思います。
 
  当録音の単売      このオペラの全曲  クイケンのVnでラモー
icon
icon  iconicon iconicon
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。