スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ・ハルモニア・ムンディ設立50周年記念限定BOX その29

再入荷の予約、まだ間に合います
icon

さて、マランマレの三重奏曲集が収録された、29枚目のCDを聴きました。曲目と演奏者は以下の通り。

マラン・マレ
三重奏のための幻想的小品組曲集
 ・組曲ニ長調
 ・組曲ト短調
 ・組曲ハ長調

アンサンブル・ルベル

 バロック・ヴァイオリンの魅力を堪能できる1枚だと思います。マラン・マレといえば、ほとんど反射的にヴィオラ・ダ・ガンバの曲が思い浮かびます。2つのヴァイオリンとチェロ(ヴィオール?)とチェンバロ(クラヴサン)という編成の曲を聴いたのはこれがはじめてでした。

 まったりした大人しい曲かと予想していましたが、ぜんぜん違いました。組曲ですので、いろいろな舞曲が続くのですが、全く退屈しないどころか、むしろ興奮気味になってしまうくらい魅力のある曲でした。演奏者のセンスというものあるかも知れませんが、きびきびとして躍動感があり、聴く人を元気にしてくれるような雰囲気があります。

 アンサンブル・ルベル、という団体、なかなか凄いと思いました。 こういう編成では、当然2つのヴァイオリンが主役になります。2人のセンスがばっちり合っていて、目立ち方も同じくらいで、時には寄り添うように、時には競うようにしながら魅力的な音楽を表現していけるかどうかが腕の見せどころだと思うのですが、それが大変うまくいっている演奏だと思いました。

 2つのヴァイオリンが3度の和音で同じ動きをしながら速いテンポで進んでいくところが非常に沢山あるのですが、タイミングだけでなく、弓の緩急のつけ方までぴったりと合っていて、まるで一つの楽器のようです。かと思えば、抜き抜かれつの追いかけっこをして、それぞれが互いに存在感をのびびと主張する、なんていうスリリングなところもあって面白いです。

   当録音の単売  ルベルのヴィヴァルディ ルベルのサンマルティーニ
iconicon iconicon iconicon
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。