スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ・ハルモニア・ムンディ設立50周年記念限定BOX その9

J.S.バッハの無伴奏チェロ組曲が収録された、9枚目のCDを聴きました。曲目と演奏者は以下の通り。

・J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲 BWV.1007~1012

無伴奏チェロ組曲第1番 ト長調 BWV1007
無伴奏チェロ組曲第4番 変ホ長調 BWV1010
無伴奏チェロ組曲第5番 ハ短調 BWV1011

チェロ・・・鈴木 秀美

 このCDは昔、ほぼ発売と同時に購入して聴いていました。したがって今回の購入でダブって所有することとなりました。

 古楽器といえば昔はビルスマの演奏を聴くのが定番でした。鈴木秀美さんのこのCDは、DHMという古楽の第一級のレーベルから出てきたということと、その演奏の解釈が斬新だったことが鮮烈な印象を与えたことを良く覚えています。

 ガット弦の響きというのは、聴き方によっては線が細く、潤いのない音色にも感じます。でも実演での演奏会場ではまた違って聴こえるのが不思議です。実はビルスマと鈴木秀美さんの演奏、両方ともナマの演奏会でバッハの無伴奏を聴いたことがあります。弓で弦を擦って発音した後に、少し遅れて豊かな響きがホールにゆっくりと充満していくような感覚は独特のものでした。このCDもヘッドホンで聴くよりは、少し大きめのスピーカーで鳴らしながら少し離れて聴くと、より良い雰囲気で聴けるような気がしました。

 1枚目のCDには1、4、5番が収録されています。この演奏、3番のプレリュードの快速演奏がよく話題として取り上げられますが、4番のブーレもそれに劣らず、軽快な演奏です。スルスルと旋律が流れるような演奏は、大変爽快で、従来の演奏とは別の曲のように感じます。

当録音 2枚組です    師匠のビルスマの旧盤 鈴木秀美さん2回目の録音
   
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。