スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ・ハルモニア・ムンディ設立50周年記念限定BOX その8

 J.S.バッハとヴィヴァルディのシンフォニア、組曲(序曲)、協奏曲が収録された、8枚目のCDを聴きました。曲目と演奏者は以下の通り。

・ヴィヴァルディ 歌劇『オリンピア」序曲
・J.S.バッハ 管弦楽組曲第4番BWV1069
・ヴィヴァルディ 弦楽のためのシンフォニアRV.158
・J.S.バッハ カンタータ第42番~シンフォニア
・ヴィヴァルディ 「調和の霊感」Op.3より4つのヴァイオリンための協奏曲
・J.S.バッハ 3つのヴァイオリンのための協奏曲BWV1064

指揮とヴァイオリン・・・トーマス・ヘンゲルブロック
フライブルク・バロック・オーケストラ

 バッハとヴィヴァルディの曲を組曲(序曲)、シンフォニア、協奏曲それぞれ1つずつ対比させて計6曲、という面白い企画のCDです。演奏者はDHMおなじみのヘンゲルブロックです。

 バッハとヴィヴァルディ、あるいはドイツとイタリア、という図式で、作曲様式を比較しながら、面白く、かつ興味深く楽しむことができました。こういう風に1曲ずつ交互に、なんていう聴き方は今までしたことがありませんでしたので。

 冒頭の「オリンピア」序曲の嵐のような鮮烈な演奏にはびっくりしました。MAK(ムジカ・アンティクヮ・ケルン)かと錯覚するような先鋭的な響きです。昨日までは自然体のロ短調ミサなどを聴いてきたので、目を覚めさせらたような感じです。一本とられました。

 その後は少し穏やかになりますが、全曲にわたって、軽快で躍動感のある、センスの良い演奏でした。バッハの管弦楽組曲の第4番はあえてトランペットのない版を使っていますので、第1番と似たような雰囲気になります。しかし、第1番にしろ、第4番にしろ、このころの曲のオーボエって弦楽器と同じでほとんど休む暇なく演奏しています。この曲を聴くとオーボエ奏者の体力をいつも心配してしまいます。昔の楽器は楽に吹くことができたのでしょうか。

当録音です。      ヘンデル、アルビノーニも C.P.Eバッハもあります
icon
icon iconicon iconicon
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。