スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Decca Sound を聴く その30 マゼールのレスピーギほか

30枚目のCDです。

レスピーギ:交響詩「ローマの祭」、「ローマの松」、リムスキー=コルサコフ:「金鶏」組曲
演奏: 指揮・・・ロリン・マゼール、クリーブランド管弦楽団
録音: 1976年5月(レスピーギ)、1979年10月(R.コルサコフ)、メイソニック・オーディトリアム、クリーブランド

1レスピーギ交響詩「ローマの祭り」チルチェンセス
2レスピーギ交響詩「ローマの祭り」五十年祭
3レスピーギ交響詩「ローマの祭り」十月祭
4レスピーギ交響詩「ローマの祭り」主顕祭
5レスピーギ交響詩「ローマの松」第1部 ボルゲーゼ荘の松
6レスピーギ交響詩「ローマの松」第2部 カタコンブ付近の松
7レスピーギ交響詩「ローマの松」第3部 ジャニコロの松
8レスピーギ交響詩「ローマの松」第4部 アッピア街道の松
9リムスキー=コルサコフ歌劇「金鶏」から4つの音楽的絵画第1曲 序奏とドドン王の眠り
10リムスキー=コルサコフ歌劇「金鶏」から4つの音楽的絵画第2曲 戦場のドドン王
11リムスキー=コルサコフ歌劇「金鶏」から4つの音楽的絵画第3曲 ドドン王とシェマハの女王の踊り
12リムスキー=コルサコフ歌劇「金鶏」から4つの音楽的絵画第4曲 婚礼の祝宴とドドン王の哀れな末路と死-終曲


 ロリン・マゼール(1930- )はフランス生まれですがアメリカの指揮者です。Maazelと書くので、マーゼルと発音してもよさそうですが、カタカナ表記はマゼールです。ずっと昔はマーツェルと書かれていたこともあったと思います。今ではすっかり巨匠然としているマゼールですが、クリーブランド管弦楽団を指揮していた1970年代は、ダイナミックで、大胆なデフォルメも厭わない個性的な解釈で、鬼才ぶりをふんだんに発揮していました。彼の個性が生きた名盤として、Deccaに録音したプロコフィエフの「ロメオとジュリエット」やテラークに録音したストラヴィンスキーの「春の祭典」などが印象に残っています。

 このディスクに収録された「ローマの祭り」も彼の演奏の特徴に合った曲の一つではないでしょうか。ローマ三部作の中でも、最も破天荒で、華麗と喧騒が入り混じった熱狂的な曲想にマゼールの個性がうまくハマった名盤といえると思います。

 録音の良さもそれにこたえています。複雑なオーケストレーションを克明にとらえた絶妙なミキシング技術、残響を少なめに抑えて個々のパートをはっきり聞かせようとするマイクセッティング、クライマックスで唸るように出てくるパイプオルガンの超重低音など、聴かせどころ満載で、エンジニアの面目躍如といったところでしょうか。

 同じDeccaでも後にデュトワがモントリオール響と録音したディスクでは音づくりがだいぶ違っています。残響を上手く混ぜ合わせて、雰囲気と気品を備えたデュトワの録音とこのマゼールの録音を比較するもの一興です。

         
 紙ジャケのデザインは見つからず 名盤ロメジュリ       このハルサイもすごい
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。