スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Decca Sound を聴く その26 アリシア・デ・ラローチャのグラナドスとファリャ

26枚目のCDです。

グラナドス:ゴイェスカス/同:藁人形/ファリャ:スペインの庭の夜
演奏: 指揮・・・ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス、ピアノ・・・アリシア・デ・ラローチャ、ロンドン交響楽団
録音: 1975年12月 - 1976年12月、キングズウェイ・ホール、ロンドン、デッカ・スタジオ、ウエスト・ハンプステッド(ゴイェスカス組曲)、1976年12月、デッカ・第3スタジオ、1983年7月、ウォルサムストウ、アセンブリー・ホール、ロンドン(ファリャ)
1グラナドスゴイェスカス組曲第1部 I.愛のことば
2グラナドスゴイェスカス組曲第1部 II.窓ごしの語らい
3グラナドスゴイェスカス組曲第1部 III.ともし火のファンダンゴ
4グラナドスゴイェスカス組曲第1部 IV.嘆き、または美女と夜うぐいす 
5グラナドスゴイェスカス組曲第2部 V.愛と死(バラード)
6グラナドスゴイェスカス組曲第2部 VI.エピローグ「幽霊のセレナード」
7グラナドスわら人形
8ファリャスペインの庭の夜ヘネラリーフェにて
9ファリャスペインの庭の夜はるかな踊り
10ファリャスペインの庭の夜コルドバの山の庭にて

 アリシア・デ・ラローチャ(1923 - 2009)はスペインのピアニスト。Deccaの看板アーティストの一人として、バッハやスカルラッティなどのバロックからモーツァルト、ベートーヴェンなどの古典派、そしてラフマニノフやグリーグに至るまだ実に幅広いレパートリーの録音を残しています。そしてグラナドスの孫弟子にあたるだけあって、グラナドスを始め、アルベニス、トゥーリナ、モンポウなどのスペイン音楽に定評があり、この国の音楽の良さを世に知らしめた功績は偉大です。

 叙情的な楽章では余韻の混ぜ合わせ方が絶妙で、長すぎない残響のおかげでペダルの絶妙な使い方が活きています。
あるときは力強く、あるときはやわらかく、変幻自在でしかも透明感を失わない響きには独特の魅力があり、またグラナドスの演奏で現れる微妙なテンポの揺れも実にツボにはまっています。

 世界中のコンクールからピアニストが大量生産される昨今では、技術的に非の打ちどころのない演奏が当たり前のようになっています。レコーディングの編集技術の進歩もあって、セッション録音で聴ける新しいCDの演奏はどれも見事なものばかり。しかし、レパートリーや解釈にどれだけ個性が出せているか、という見方からするとまだまだの演奏がも多いです。そうい状況が続く限り、スペイン音楽におけるラローチャのような味のある演奏は貴重でまだまだ第一線の演奏、というポジションを維持できると思います。

           
紙ジャケと同じデザインは見つからず。 他にもいろいろ聴きたければ
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

The Decca Sound を聴く その25 キングズカレッジ合唱団のハイドン

25枚目のCDです。これでやっと半分です。だいぶ時間がたってしまいました。もう少しペースを上げなければ。

ハイドン:ネルソン・ミサ/同:戦時のミサ/ロンドン交響楽団 アカデミー室内管弦楽団 指揮:サー・デイヴィッド・ウィルコックス、ジョージ・ゲスト他
録音: 1962年7月、キングズカレッジ、ケンブリッジ、1969年7月、ジョンズ・カレッジ、ケンブリッジ
1ミサ曲第9番ニ短調「ネルソン・ミサ」Hob.XXII-11キリエ
2ミサ曲第9番ニ短調「ネルソン・ミサ」Hob.XXII-11グロリア いと高きところには神に栄光
3ミサ曲第9番ニ短調「ネルソン・ミサ」Hob.XXII-11グロリア 世の罪を除きたもう主よ
4ミサ曲第9番ニ短調「ネルソン・ミサ」Hob.XXII-11グロリア あなたのみが神聖で
5ミサ曲第9番ニ短調「ネルソン・ミサ」Hob.XXII-11クレド  私は信じる、唯一の神を
6ミサ曲第9番ニ短調「ネルソン・ミサ」Hob.XXII-11クレド そして聖霊によりて処女マリアから御体を受け
7ミサ曲第9番ニ短調「ネルソン・ミサ」Hob.XXII-11クレド そして聖書に従って三日目によみがえり
8ミサ曲第9番ニ短調「ネルソン・ミサ」Hob.XXII-11サンクトゥス
9ミサ曲第9番ニ短調「ネルソン・ミサ」Hob.XXII-11ベネディクトゥス
10ミサ曲第9番ニ短調「ネルソン・ミサ」Hob.XXII-11アニュス・デイ 世の罪を除きたもう神の子羊よ
11ミサ曲第9番ニ短調「ネルソン・ミサ」Hob.XXII-11アニュス・デイ 私たちに平和を与えて下さい
12ミサ曲第7番ハ長調「戦時のミサ」Hob.XXII-9キリエ
13ミサ曲第7番ハ長調「戦時のミサ」Hob.XXII-9グロリア
14ミサ曲第7番ハ長調「戦時のミサ」Hob.XXII-9クレド
15ミサ曲第7番ハ長調「戦時のミサ」Hob.XXII-9サンクトゥス
16ミサ曲第7番ハ長調「戦時のミサ」Hob.XXII-9ベネディクトゥス
17ミサ曲第7番ハ長調「戦時のミサ」Hob.XXII-9アニュス・デイ

 キングズカレッジ合唱団といえば、15世紀創立の超名門合唱団です。この団体出身の演奏家もたくさんいて、キングズシンガーズはその名の通りですが、カウンタテナーのマイケル・チャンスとか、指揮者のアンドリュー・デイヴィス、オルガンのサイモン・プレストンなどが挙げられます。

 このCDに収められている演奏はウィルコックスが指揮したもの。彼自身この合唱団の出身でもありますが、1957-1972の間は音楽監督を務めました。このウィルコックスの時代が最も実力が高かったと評価する人が多いです。確かに透き通ったハーモニーと正確なアンサンブルは申し分なしです。

 第9番と第7番では録音日時と場所が違いますが、前半に収められている第9番の録音の素晴らしさには感服しました。教会特有の長大な残響の空気感をしっかりとらえていながら、オケやソロ、合唱の各パートの輪郭は非常に明瞭。この残響の豊かさはなかなか他では聴けません。奇跡の優秀録音、といってもよいのではないでしょうか。


紙ジャケと同じデザインはみつからず。
カップリングも違いますね。 

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

グスタフ・レオンハルト逝く

チェンバロ奏者、オルガン奏者、指揮者としてバロック音楽復興を牽引してきたグスタフ・レオンハルトが亡くなったそうです。83歳。彼の残した足跡は説明不要なほどあまりに偉大です。ご冥福をお祈りします。

グラモフォン誌の記事

レオンハルトのCDで買いそびれたものがあります。3年ほど前に出た輸入盤BOXで、ちょっと躊躇していたら限定盤だったようで、新品では買えなくなってしまいました。今日みたいな日にはとりだしてきて聴いてみたいのですが、残念です。


 

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ブラームスのピアノ作品をホグウッドが新発見!

ブラームスの作品が新発見されたそうです。
グラモフォン紙の記事
20歳ごろの作品で、クリストファー・ホグウッドがアメリカの書庫から見つけたとか。2分ほどの作品で、後に書かれたホルントリオの主題につながる作品だそうです。アンドラーシュ・シフにより今月下旬に初演される予定。


初演するアンドラーシュ・シフ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

Brilliant(ブリリアント)のベートーヴェン全集が特価!

 国内盤と違って輸入盤は値段が変動します。元々国内盤よりも安いのですが、それでも少しでも安く手に入れたければ、こまめにいろんなところを調べなければなりません。

 ずっと気になっていた、ブリリアントレーベルのベートーヴェン全集、たしか85枚組で8000円前後でAmazonで出ていて、もう少し安くならないか、と思って昨日見てみてら、5741円に値下がりしていました。元々マーケットプレイスで出ていた値段と同じになったのですが、輸入盤2枚で10%offで、さらに送料無料、ということでかなりのお得感を感じてしまい、今朝注文してしまいました。現在到着待ちです。

 Amazonは日本だけでなく、海外のサイトにもお世話になっています、ブリリアンレーベルはドイツのAmazonが安いことが多いのですが、送料も考えれば今回の日本のアマゾンの5741円(他と一緒に買えば5168円!)はドイツよりも安いです。

 全集なので珍しい曲がかなり収録されています。なかなかまとめて買えない歌曲とか、初期の室内楽など、興味はつきません。問題はやはり聴く時間の確保でしょうか。


紙ジャケ仕様とはいえ、
やっぱりかさばりますか。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

The Decca Sound を聴く その24 ケルテスのドヴォルザーク

24枚目のCDです。

ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」/同 第8番
演奏: 指揮・・・イシュトヴァン・ケルテス、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(第9番)、ロンドン交響楽団(第8番)
録音: 1961年3月、ソフィエンザール、ウィーン(第9番)、1963年2月、キングズウェイホール、ロンドン(第8番)

1交響曲第9番 ホ短調 Op.95 「新世界から」第1楽章 アダージョ - アレグロ・モルト
2交響曲第9番 ホ短調 Op.95 「新世界から」第2楽章 ラルゴ
3交響曲第9番 ホ短調 Op.95 「新世界から」第3楽章 スケルツォ・モルト
4交響曲第9番 ホ短調 Op.95 「新世界から」第4楽章 アレグロ・コン・フォーコ
5交響曲第8番 ト長調 Op.88第1楽章 アレグロ・コン・ブリオ
6交響曲第8番 ト長調 Op.88第2楽章 アダージョ
7交響曲第8番 ト長調 Op.88第3楽章 アレグロ・グラツィオーソ
8交響曲第8番 ト長調 Op.88第4楽章 アレグロ・マ・ノン・トロッポ


 イシュトヴァン・ケルテス(1929-1973)はハンガリーの指揮者。43歳の若さで水難事故のため惜しくも亡くなったことは有名です。もし生きていればDeccaにとってかけがえのない巨匠指揮者になっていたことでしょう。

 ケルテスのドヴォルザークはロンドン交響楽団との交響曲全集があります。大昔ドヴォルザークの全集といえばノイマンとケルテスくらいしかなかったと記憶しています。その全集も結構良いのですが、ここに収められている「新世界」はそれとは別物。1961年にウィーンフィルを振ったこの演奏は「新世界から」のベストと推す人も多い、名盤中の名盤といえる演奏です。 この録音と同じころ、つまり1960年前後の録音としては、フリッチャイ/ベルリンフィルやカラヤン/ベルリンフィルなどの名演もありますが、それらと聴き比べてみても私もこのケルテス盤に軍配を上げると思います。

 今聴いても、実に小気味よく明快で新鮮な感覚がほとばしっています。もたもたしたところがなく機敏な1,3,4楽章。かと思えば、弦やホルンのしなやかさにほれぼれしてしまう表情豊かな第2楽章。最新録音にも引けをとらないクリアな録音はさすかデッカ・サウンドと唸らせます。アゴーギグやアクセントにはやや個性が感じられるものの、若冠32歳でウィーンフィル相手にここまで密度濃く、集中力の高い完成度にもっていった実力には感服するばかりです。


紙ジャケのデザインはこれ

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。