スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝説的なロシアのピアニストたち(7)ウラディミール・ホロヴィッツ

7枚目のCDでいよいよ本命登場、といったところでしょうか。ホロヴィッツ(1903-1989)です。このCDにはショパンとリストの作品が収録されています。モノラルの音源ですが、この巨匠の悪魔的ともいえるテクニックの凄さは十分に堪能できます。曲目は以下の通り。

ショパン 練習曲集Op.10から第4,5,8番
ショパン 練習曲集Op.25から第15番
ショパン マズルカ第7、27、32番
ショパン スケルツォ第4番
ショパン ピアノソナタ第2番から第1楽章
リスト 詩的で宗教的な調べ から 第7曲「葬送」
リスト ピアノソナタ

テクニックが凄いだけなら世の中ピアニストはたくさんいますが、やはり独特の雰囲気があります。ショパンでは前進的な速いテンポでつんのめりそうになりながら、右手のアルペジョや装飾音符は一つ一つの音が明瞭で均一で転がるようななめらかさと心地よさに唖然としてしまいます。リストでは2人掛かりで弾いているのではないかと思えるような強靭な打鍵でありながらロマンティシズムを漂わせた劇的な演奏が展開されます。



ホロヴィッツといえばやはりこのボックスですか。
(私はまだ持っていません。)
スポンサーサイト

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

伝説的なロシアのピアニストたち(6)ヴラディーミル・ソフロニツキーその2

6枚目のCDは5枚目と同じく、ソフロニツキーが演奏するスクリャービンです。前奏曲を中心とした小品が37トラック。作品番号が小さいものからだんだんと大きくなっていくように並べられていますので、スクリャービンの作風の変化、つまり親しみのあるロマンティックな作品から、独特の神秘的な作風に移り変わっていくさまが1枚のCDでわかるようになっています。演奏は自信に満ちた堂々としたもので、録音もだいぶ聴きやすくなっています。ところでスクリャービンは学校ではラフマニノフと同期だそうですね。ロシアのピアニストの系譜をを調べていくと、いろいろな人物が複雑に関係していて興味がつきないです。



ソフロニツキというとこのCDが検索されることが多いのではないかと思いますが、これは上記のソフロニツキとは別人です。

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

伝説的なロシアのピアニストたち(5)ヴラディーミル・ソフロニツキー

5枚目のCDはソフロニツキー(Vladimir Sofronitsky, 1901.4.25-1961.8.26)です。スクリャービンの信奉者で、スクリャービンの娘さんと結婚しています。学校時代はディミトリー・ショスタコーヴィチやマリヤ・ユーディナの同級生だったそうで、やはりロシアの作曲家と音楽家の人脈って分厚くて結束が強くてすごいな、と思います。

 さて、このCDには前奏曲と詩曲がたくさん、それからピアノソナタ第2番と第3番が収録されています。詩的で柔軟で余韻に富んだ、幻想的ともいえる雰囲気の演奏。ショパンのようなスクリャービン、といった感じでしょうか。仕事で疲れて、家に帰って少し明りを落としてリラックスして聴ける、癒しのスクリャービン。何とも不思議な魅力があります。



当時西側にほとんど現れなかったということですが、
CDはいくつか出ています。

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

伝説的なロシアのピアニストたち(4)マリア・ユーディナ

4枚目のCDはMaria Yudina(マリヤ・ヴェニアミノヴナ・ユーディナ)(1899-1970)です。スターリンが好んだ女流ピアニスト、とか学生時代はショリタコーヴィチと同期だったとか、いろいろなエピソードがあるようです。このCDに収録されている曲は、リストによるバッハのトランスクリプションが2曲とベートーヴェンのソナタが2曲、第5番と第32番です。ネットで検索すると、展覧会の絵の演奏などもひっかかります。精巧なテクニックと強靭さを兼ね備えた立派な演奏、というのが第一印象。ベートーヴェンでは、19世紀生まれの演奏家でありながら、古めかしさなど微塵も感じさせず、現代の知的な演奏にも引けをとらない、自信に満ちた聴きごたえのある演奏になっています。



このシリーズ、10枚以上あるみたいです。

テーマ : チェロ
ジャンル : 音楽

Decca Sound なる50枚組のCDが発売!?

Decca Sound というCDが発売されるようです。amazonのHPで見つけました。ところが具体的な情報がありません。以前DGの111周年記念BoxやLiving Stereoシリーズと同じような名盤オムニバスBoxのようなものを期待しているのですが。。。HMVのHPにもまだのっておらず、各国のamazonのHPにもなく、DeccaレーベルのHPを見ても見つかりませんでした。10月発売なのでもう少し情報が増えるのを待つしかないですね。



この情報しか今のところ見つからず。。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。