スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラの演奏を観る

 バロック時代のチェロってどんな楽器だったのか、という問いに対する答えとして、「ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ」があります。最近、にわかに注目されているこの楽器、実際の演奏の映像に接することができます。8/5にBS-hiで放送される、ハイビジョンクラシック倶楽部でのラ・プティット・バンドの演奏です。

  日本ではバロック・ヴァイオリン奏者の寺神戸亮さんがバッハの無伴奏チェロ組曲を録音したことで話題になりましが、ヴィオラよりもかなり大きな弦楽器です。首にベルトのようなものを掛けて、ぶら下げるような格好で弾く演奏スタイルは、かなり衝撃的で話題性十分です。いったいどんな音がするのか?音量はどうか?演奏は大変ではないのか?(特に低いほうの弦を弾くときに腕の長さは足りるのか?)興味はつきません。

 放送される曲はヴィヴァルディのチェロ協奏曲。演奏者はシギスヴァルト・クイケン。バロック・ヴァイオリンの名手というか、権威です。当然ですが、十分に練習を積んでいると思われる、巧みな演奏に感心しました。音量は大きくなさそうですが、バロックチェロを高いポジションで弾いたときの音色になんとなく似ているような、不思議な音色でした。

 この楽器、音楽史的に正しいかどうかはさておき、この楽器のおかげで、ヴァイオリン奏者がチェロのレパートリーに進出できるようになったことは画期的だと思います。古楽器で演奏する団体が乱立しることによって、なかなか特徴が出にくくなっている昨今、ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラの登場によって、21世紀のバロック音楽の人気がどれくらい活性化するのか、期待したいと思っています。

寺神戸亮さんの演奏

icon
icon
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。