スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK教育テレビで放送された「20世紀の名演奏」(1999)

 全8回シリーズで放送されたこの番組は、日本のクラシック音楽ファンにとっては「事件」だったのではないでしょうか。次々と繰り出されるお宝映像に驚嘆し、NHKの凄さに感動しました。

 来日した名演奏家の演奏会などを収録した映像がたくさんでてくるのですが、一例を挙げると、50年代のカラヤン、フルニエ、ギレリス、コーガン、60年代のランパル、F.ディースカウ、ホッター、ミケランジェリ、ロストロポーヴィチなどなど。本当にほんの一部です。8回分あわせて約14時間分の映像ですから量的にも圧倒されます。

 これらの中で話題になるのが、やはりというか、カラヤンの映像です。最近テレビで観ている晩年のものとは打って変わって、まぎれもない壮年期のカラヤンです。腕を上から下まで大きく振り下ろして、全身全霊で、見た目なんか気にせず、がむしゃらに振っているカラヤン。それにベルリンフィルやウィーンフィルがしっかりと力強い響きで応える、まさに白熱の演奏です。

 ワーグナーのマイスタージンガーの前奏曲、ベートーヴェンの運命、ブラームスの交響曲第1番などが映し出されたのですが、絵がモノクロで音が悪くても、並みのハイビジョンの映像よりもよっぽど迫力を感じます。

 1999年に放送されたこの番組はETV40周年の企画でした。来年は50周年ですので、再放送してもらえないものでしょうか。

1957年ベルリンフィルと  1959年ウィーンフィルと これはクルーゾーの映像
    
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。