スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲルハルト・ボッセさん(神戸市室内管弦楽団音楽監督、元ゲヴァントハウス管弦楽団コンサートマスター)死去

 ゲルハルト・ボッセさんが亡くなったそうです。90歳。ヴァイオリニストを引退後、指揮者として2000年には新日本フィルの首席客演指揮者なども務めていました。1955年から1987年の長きにわたり、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の第一コンサートマスターの地位にあり、1980年には霧島国際音楽祭を創設したりしていました。奥様が日本人、亡くなられたのも大阪府高槻市ということで、日本のファンも多かったのではないでしょうか。

 私の印象に残っているのはこれらのどれでもなく、1978年にゲヴァントハウス・バッハ・オーケストラを率いて来日した時の演奏会を生で聞いたことです。当時私は中学生で、親に連れられて当時住んでいた地方都市の演奏会に行きました。曲目はバッハのブランデンブルグ協奏曲全曲。ボッセさんはコンマスなので当然、第2、4、5盤ではソロパートを弾きます。音色が独特で、芯のある、低音の充実したヴィオラのようなヴァイオリン、という形容が当てはまる、深い音がしていて、特に4本の弦のうち下2本の太い艶やかな響きが印象的でした。NHK-FMで放送された時のエアチェックテープを何度も繰り返し聴きました。今ではそのカセットテープの音源はPCにダビングして、私の宝の一つになっています。

 
現代楽器による演奏のスタンダードとしても通用する演奏 

 
顔写真の入ったジャケット シューベルトの八重奏
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ハイティンクの新旧比較 マーラーではどうか

 ハイティンクの80年代と2000年代の録音比較、ほかの作曲家ではどうでしょうか。たとえばマーラー。第6番を取り上げてみます。若いころのアムステルダムコンセルトヘボウとの録音もありますが、未聴なので省略させてもらって、第6番を取り上げます。ひとつは1989年の録音で、オケはベルリンフィル。もう一つは2007年の録音でオケはシカゴ交響楽団。各楽章の演奏時間を比較すると、、、

           第1楽章 第2楽章 第3楽章 第4楽章

ベルリンフィル1989   22:59 12:59 16:13 31:16  
シカゴ響2007      25:52 14:21 16:09 34:00

うーん。こちらはベートーヴェンと傾向が違っていますね。新しい方が総じてゆっくりです。第3楽章はほとんど変わりませんが、あとの楽章はかなりの差があります。第6番は「悲劇的」というタイトルがついていて、思い切り感情移入した起伏の激しい演奏も可能と思いますが、ハイティンクの演奏は悠然としていて、20007年の演奏によりその傾向を強く感じます。

 
 これがベルリンフィル盤 こちらがシカゴ響です。 

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ハイティンクのベートーヴェン聴き比べ(ACOとLSO)

 ハイティンクにはもっと若い時期にロンドンフィルとのベートーヴェンの交響曲の録音があるのですが、未聴なので取り上げられません。昨日の話の続きをもう少し。第3番「英雄」で各楽章の演奏時間を比較してみました。
        第1楽章 第2楽章  第3楽章 第4楽章
ACO盤(1980年代) 15分1秒 16分14秒 6分6秒  11分48秒
LSO盤(2000年代) 17分46秒 14分20秒 5分54秒 10分57秒

 ACO盤の第1楽章は異常に短いのは呈示部の反復を省略しているからです。そこで反復の分の時間が3分10秒ほどですのでこれを加えると18分11秒相当、ということで考察します。どの楽章も速くなっていますが、楽章によって格差があります。それぞれの短縮率は2.3%、11.7%、3.28%、7.2%です。遅い楽章により顕著であることがわかります。第4楽章もところどころ遅いところがありますので、速い楽章はあまり変わらず、遅い部分がより速くなった、ということでです。英雄以外のほかの曲もそういう傾向なのでしょうか?暇なときに調べてみようと思います。

 

ジャケットの雰囲気もまるで違います。 

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ハイティンクとコンセルトヘボウのベートーヴェン

 昨日のLSOとの演奏との比較、ということでアムステルダム・コンセルトヘボウとの録音を紹介。1980年代半ば(1985~1987年ごろ?)の録音。LSOの演奏をさかのぼること20年です。こちらの演奏は、中庸を目指した優等生的な演奏。アンサンブルは完璧に仕上げていますし、録音も素晴らしいです。私はこの当時、ハイティンクの演奏が結構気に入っていて、ベルリンフィルとのマーラーやストラヴィンスキーやウィーンフィルとのブルックナーなんかを買っていました。
 この演奏、LSO盤と比べると、大変落ち着いていて余裕のある演奏に聞こえます。田園の第2楽章なんかでは木管楽器に即興的とも思えるテンポの自由さを許容しているところなんかは当時としては自由な感じがして新鮮で面白かったです。
 この20年での演奏様式の変化の真意は知る由もありませんが、古楽器様式の演奏スタイルが完全に市民権を得たこと、あるは指揮者がそれに開眼?したことなんかがあるのかなぁ、と考えたりしています。こういうことを想像するのもまた楽しいですね。



あれ?今ではバラでしか売っていないんでしたっけ?

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ハイティンクとLSOのベートーヴェン交響曲

指揮者の円熟期とは何歳ごろなんでしょうか。50代はまだ若造?80代でようやく巨匠?少なくとも、サラリーマンであればとっくに定年退職した後くらいの年代が指揮者の円熟期と定義されている、というが一般の共通認識でしょうか。
 さて、ハイティク(1929-)とロンドン交響楽団の演奏です。2005-2006年の録音ですから80歳に近いのですが、予想に反して、熱気あふれる、前向きな演奏にびっくりしました。スピード感にあふれ、シャープで攻撃的、停滞することなく、突き進んでいく逞しさがあります。年とともにおっとりした演奏様式に落ち着いてく指揮者が多い中で、こういう演奏に出会うことは珍しいと思いました。



全集で買ってしまうのがお得です。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。