スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーシュウィン生誕100年(1998)

 1998年はガーシュウィンにちなんだコンサートが世界中で行われました。ジャズとクラシックの両方の世界でこれだけ愛されている作曲家はほかにいないでしょう。日本でもいろいろな企画が催されて、ジャズピアニストとクラシックオーケストラの競演なんていう演奏会をいくつかテレビで観たりした記憶があります。

 もっとも有名な曲といえばやはり「ラプソディー・イン・ブルー」でしょうか。曲の長さも20分くらいで、冒頭のクラリネットのグリッサンドにはいつもゾクゾクしますし、ピアノのソロ(カデンツァ?)の部分に大胆な即興をいれてみたりといろいろな見せ場があります。最後は華々しく盛り上がって終わりますので観客のウケも抜群です。

 この曲には演奏スタイルがあります。オケにしても、いわゆるクラシックのオーケストラの版やジャズバンド版があるし、ピアノソロの部分でもカットがあるやつとかないやつとか、です。
気分によってあれこれ取り替えて聴くもの一興です。

 この曲で私が興味があるのが指揮者の弾き振りです。最初にやったのはバーンスタインでしょうか。通常ほとんど公の演奏会でピアノを弾かないような指揮者が、この曲になるとピアノをひいたりするところがあって、面白いと思います。

 バーンスタインのほかでは、プレヴィン、レヴァイン、M.T.トーマスなどのCDがあります。こういうのに出会うと、この指揮者、こんなにピアノが上手だったんだ、というような、新たな発見をしたような気分になります。最近東京フィルと共演したチョン・ミョンフンの演奏をBSで観ました。自信たっぷりの演奏で感服しました。

レニーの新しいほう   自演盤は歴史的価値あり チョン・ミョンフンのピアノ
  
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。