スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サントリーホール 夢のガラ・コンサート(1997)

 放映されたのは1997年でしたが、実際の演奏会は1996年だと思います。最近20周年を迎えたサントリーホールですが、10周年のときも盛大なガラコンサートが行われ、NHK-BSでその模様が放送されました。エアチェックしたビデオテープ(今はDVD-Rに移してしまいましたが)が手元にあります。曲目と演奏者の顔ぶれがなかなか興味深い演奏会でした。

 演奏順に列挙します。オケの演奏は、すべて秋山和慶さん指揮の東京交響楽団です。まず古田輝夫さん、横山勝也さんによる古典本曲「鹿の遠音」。次に、エンパイア・ブラスによるテレマンの「英雄的音楽」。そして、ヨー・ヨー・マと内田光子さんのシューベルト「アルペジョーネ・ソナタ」。日本のオケのコンサートマスター達で構成される「コンサートマスターズ」によるクライスラーの「美しきロスマリン」。ペイエのクラリネットによるモーツァルトの協奏曲の第2、3楽章。

 まだまだ続きます。ズーカーマン、中村紘子さん、堤剛さんによるベートーヴェンの三重協奏曲から第2、3楽章。アントンセンとマーシャルのトランペットとオルガンによる、バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」とマルティーニのトッカータ。ターリッヒSQによるヤナーチェクの「クロイツェル」。佐藤しのぶさんによるトスカ「歌に生き、恋に生き」。サヴァティーニによるボエーム「冷たい手」とオー・ソレ・ミオ。そして最後に全員でエルガーの威風堂々第1番。

 この中で最も印象に残っているのが、アルペジョーネソナタでした。ソニーのヨー・ヨー・マとフィリップスの内田光子さん、という組み合わせはCDではほぼありえないわけで、まさに一期一会の演奏でした。感情移入たっぷりの濃厚な解釈ですが、決して品が悪くならないところがさすがです。ひとつひとつの音に微妙な陰影がこめられた演奏で、CD化されていればマイスキー&アルゲリッチ盤を凌駕したかもしれません。こんな貴重な演奏が聴けるのもエアチェックの魅力だと思います。

アックスとの共演のCD  内田さんの歌曲の伴奏 内田さんのシューベルト
  
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

アーノンクールのブラームスをテレビで観た(1997)

 ブラームスの交響曲第1番の終楽章、最後の方で金管楽器と弦楽器が高らかにコラールをファンファーレのように奏でるところがあります。(スコアをお持ちの方、407小節目です。)神々しく高揚する、最大の見せ場のようのところです。ほとんどの演奏ではこの手前で急ブレーキをかけて、コラールのところだけを倍くらい遅くして、朗々と演奏して、それが終わると、またテンポを戻して速くしていきます。カラヤンでもベームでも小澤征爾でもみんなそうしています。

 でもスコアには速度変化なんか何もありません。そのままのテンポで突き進むようにかいてあるのです。いったい、いつから皆こんな風に演奏するようななったのだろう、とずっと思っていました。

 1997年にテレビで放送されたアーノンクールとベルリンフィルの演奏が、珍しく、この部分を遅くしないタイプの演奏でした。一気に終結部まで突き進んでいく勢いがあって、既存の演奏とまったく違う新鮮さに感動しました。

 これを聴いて、それまでに持っていた、この曲の自分のコレクションを全部チェックしてみました。そうると、1970年代後半に演奏された岩城宏之さんとN響の演奏会のエアチェックテープに収められていた演奏が、このアーノンクールと同じようにやっているのが見つかりました。岩城さんも若い頃から私と同じ疑問を持っていたんだということだわかって、ちょっと嬉しくなりました。

 アーノンクールの演奏はには、この部分以外にも、テンポや強弱などに、聴き手の意表をつく「仕掛け」があちこちにちりばめられていました。いわゆるスタンダードな名演奏を聴き飽きた耳には大変刺激的であり、退屈せずに面白く最後まで聴くことができました。このような名曲を、肩透かしをくらったり、苦笑いしたりしながら聴くのもたまには良いものです。

全集だと値が張りますね ドイツ正統派の代表 私はこれで育ちました
icon
icon  iconicon  iconicon

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

カウンター
ブログ内検索
プロフィール

かるべりゅういち

Author:かるべりゅういち
子供の頃からクラシック音楽を聴き始めて30年になります。職業は普通の会社員です。今はもっぱら自宅でDVDやBS放送で音楽鑑賞しています。

少しでも多くの方に読んでいただけるように、いくつかのブログランキングに参加しております。
もしよろしければ、一日一クリックをお願いいたします。

にほんブログ村ランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

にほんブログ村 クラシックブログへ

にほんブログ村


音楽ブログランキング

人気ブログランキングへ

最近の記事
CD・DVDの検索


HMVジャパン
↓こちらは英字入力のみ






Shop.TOL
by TSUTAYA online




Sony Music Shop
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2ブログランキング

Amazonライブリンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。